Common complication of sedating a patient prior to intubation

FEV1: Forced expiratory volume in the first second?

FTA-ABS: Fluorescent treponemal antibody absorption?

ERCP: Endoscopic retrograde cholangiopancreatography?

ESPRIT: Efficacy and Safety in Patients with Renal Impairment treated with Telmisartan?

3D CRT: Three-dimensional conformal radiation therapy?

AAAAA: Aphasia, agnosia, apraxia, agraphia, and alex?

HELLP: Hemolysis, elevated liver functions, low platelets? GI GVHD: gastrointestinal graft-versus-host disease? GM-CSF: Granulocyte-macrophage colony-stimulating factor? ASC-H: Atypical squamous cells, cannot exclude HSIL? ASCUS: Atypical squamous cells of unknown significance? Auto Pap: Computer-assisted cytology interpretation system?

Search for common complication of sedating a patient prior to intubation:

common complication of sedating a patient prior to intubation-43common complication of sedating a patient prior to intubation-86

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

One thought on “common complication of sedating a patient prior to intubation”

  1. この6つですね。SECIモデルも似てると思うんですがとりあえずよく分かんないんで対象外。また、「振り返りツール」という言葉にもしかしたら違和感があるものもあるかもしれませんが、ここでは「よりよくするために、計画したり、振り返ったり、次の対策を練ったりすることを支援するツール」的な意味合いで「振り返りツール」という言葉を使いたいと思います。 それでは早速各ツールの説明をしていきたいと思います。 まずはじめにYWT(わい だぶる てぃ)です。 YWTとは、JMACの研究開発・技術開発コンサルティングの中 から生まれた概念です。Yが「やったこと」、Wが「わかったこと」 Tが「次にやること」という意味です。この概念は、世の中で一般 的に言われているマネジメントサイクル=PDCAサイクルに対抗 する概念として生まれてきました。 JMAC 株式会社 日本能率協会コンサルティング ですが、思い返すとかなりいい流れだよねと思います。これやってないと、疲れて次やること忘れちゃって何も進まないとかになりがちだったので。皆さんもそんな経験ありません? ちなみに、YWTの正式名称なのかどうかはわかりませんが、私たちが最初に聞いた時は以下の通りYWTMという名前でした。 この M:メリット を書くことが T:次にやること を実行する原動力になるということだったと記憶しています。でも、あんまりこれをやることはないし、YWTMとして紹介されているサイトも多くはないですね。 個人的にMを書かない理由としては、「そもそもやりたいことを達成するための活動の振り返りだからわざわさMを書かなくてもTを実行する」というのが一番大きいと思います。 逆に言えば、みんなで何か活動をやっているときに、「実はあんまり乗り気じゃないんだよなー」「そのTってなんでやる必要があるの?」って人が多そうな時はMまでやったほうがいいんじゃないかと思います。 また、Tの所を次にやること(の候補)としているのは私(なのか私の周りなのか)の独自運用です。とりあえずブレストでやったほうがいいかなーと思うことをいっぱい出しておいて、次やるときの計画で取捨選択する的な使い方。 ちなみにYWTはこんな感じで、継続していく活動(継続しない活動があるのかはさておき)に対して、つなげて見ていくこともできます。 ただ、実際これを本気で運用するとかなり大変だったりであんまりできていない。 精神的には、Tに書いたことをたくさんYに入れたくなる(やりたくなる)とか。 物理的には、Excelのシートが横長になるし、各行の行数が固定じゃないので、行が合わなくなってフォーマットが崩れてきたりとか。 そういう意味だと、KPTやLAMDAのほうがその、活動の継続的な意味合いでは使いやすいのかもしれません。 次はKPT(けぷと or けいぴーてぃー)です。今更説明する必要もなさそうですが一応。 行ってきた仕事や活動を振り返る際に、「継続」「問題点」「挑戦」の3つの視点で整理するフレームワークのこと。 ミーティングでは、ホワイトボードなどに「K:keep=今後も続けること」「P:problem=問題なので、やめること」「T:try=今後、試してみたいこと」の項目を用意し、メンバーが行ってきた活動報告の内容を「K」と「P」に振り分けていく。その後、「P」に対する解決策や新しいアイデアや企画を「T」欄に書く。 情報マネジメント用語辞典 Keepを直訳すると「継続」でまさしく引用にある通り「今後も続けたいこと」を出す所になります。ただそれだと、「ちょーーっとしたいいこと」とか「(もう同じことはないと担当者が勝手に思っている)いいこと」が出てこない気がするんです。単純に言えばKeepのハードルがやけに高い。 自分もそうなんですけど、「良かったことはなんですか?」とか言われても「できて当たり前じゃない?」って思ってることってあんまり出さないんですよね。自分の期待値を上回る出来の時にやっと出すとかそういうイメージ。皆さんそんなことないですか?私の周りにはそういう人多いです。 ってことでKeepのハードルを下げたいので、Keepは「今回、何かできたことはなんですか?」「良かったことはなんですか?」「どんな些細なことでも結構ですよ」的な雰囲気でやるようにしています。 引用文にはこうあります。 この二つを同時にやっているんです。そしてもっと言うなら、だいたいKPTはみんなで付箋を使ってやると思うので、自分が考えている時に他の人が「これ良かった」とかって言って付箋を貼りだして話が始まったりする。その瞬間、自分が何を考えていたか忘れるか、その人の話は聞いていないかのどっちかになる。 ってなるといい感じの振り返りに差し支えると思っています。なので、KPTをやるときは、「思い出しの時間」を別に取るとか、「個人でKeepやProblemを書く時間」と「貼りだしてみんなと共有する時間」をしっかり分けるとかそういう施策が必要なんじゃないかと思っています。 理想的かなーと思うKPTのまわしかたはこんな感じです。 経験学習モデル(けいけんがくしゅうもでる)についてです。 この章は書きたくないなぁ。プロの人に怒られそう。笑 このへんを読むと、本当に意味するところは「経験学習モデル」なのか「経験からの学習論」なのかその辺の混成体なのか微妙な気がしてきたのですが、とりあえず説明しやすいので「経験学習モデル」で説明します。まぁ「学習における経験・実践」「経験の内省」の2つを重視するって意味でだいたい全部一緒なんじゃないのって感じなので実務上は気にしなくてもいいんじゃないかなぁ。だめ? 経験学習モデル概要 自分が実際に経験したことから学びを得ることを「経験学習」と呼ぶ。経験から学ぶといっても,人は単に経験しただけで学べるわけではなく,経験を次に活かすためのプロセスが重要である。そのプロセスを理論化したものが,組織行動学者デイビッド・コルブによって提唱された「経験学習モデル」である。 コルブは、「経験→省察→概念化→実践」という4つの段階からなる経験学習サイクルを提示している。 学校法人 産業能率大学 総合研究所 内省的観察:ある個人がいったん実践・事業・仕事現場を離れ,自らの行為・経験・出来事の意味を,俯瞰的な観点,多様な観点から振り返ること,意味づけること 抽象的概念化:経験を一般化,概念化,抽象化し,他の状況でも応用可能な知識・ルール・スキーマやルーチンを自らつくりあげること 能動的実験:経験を通して構築されたスキーマや理論を,実際にアクション(実践)すること 経験学習の理論的系譜と研究動向 じゃあどんな時に、どんなとこまでやってるかというとこんな感じ。 どんな時:個人の振り返り どんな風に:抽象的概念化→どうしてそれに気づいたのか?どうしてそれが起こったのか? 概念化というより、気づきの深堀りをしているイメージです。 気づきの深堀をするということは、「なんでそれが起こったのか?気づいたのか?」を考えることですし、それを考えると「どういう時に同じようなことが起きそうか?気づけそうか?」にも到達しそうです。そうすると、「お、こういう時はこうしたほうがいいんじゃないの?」っていう抽象的なルール(パターンランゲージのパターンみたいですね。)みたいなのも出てくるかもしれません。 で、毎度毎度パターン化するまで考えるとか日々の振り返りでは無理なのでちょっとした深堀くらいにとどめているイメージ。そして、たまにすごくヒットする気づきとかがあればパターン化してるとかそんな感じでしょうか。 4行日記(よんぎょうにっき)についてです。まず概要。 PDCAサイクルとは PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。 Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/PDCAサイクルという話もあるしで。 個人的には、なんとなくPDCAは他の振り返りツールより一個上の概念なのかなぁってイメージです。また、本当に初めてやること、新規開拓系だとPをいくらやってもどうかな?って話があるので「とりあえず経験・実行だろ」的な話がよくされてるのかなって感じで。 とはいえPDCA(ないしはPDSA)は素晴らしいモデルで今でも十分生きているモデルだと思います。 最後にLAMDA(らむだ)です。 (プロトタイプやスケッチや写真、図表、グラフなどの物理モデル)がこれにあたるらしいです。でも実際、我々は製造業ではないのであんまり物理モデルを作るってことはなく、文章でまとめることのほうが多いです。改善ボードの運用方法や朝会の運営なんかは物理的なものを見ながら考えたほうがいいかもしれませんね。 そしてここまで考えたことを関係者、ステークホルダー(実際にそれを行う人も含む)で議論します(Discuss1)。これによって、実行アイデアが洗練され、実行に対するハードルも下がります。 で、実行する(Act1)。 ここまででPDCAのPDまでです。CAはPDと一緒ですね。要はこういうことです。 1.